成田空港に入国の男性「サル痘」感染 日本での感染確認4例目

欧米などを中心に報告が相次いでいる「サル痘」に、ヨーロッパから成田空港に入国した国外に住む30代の男性が感染していることが確認されました。日本での感染確認はこれで4例目となります。

感染が確認されたのは、国外に住む30代の男性です。

千葉県によりますと、男性は今月6日から発疹の症状があり、9日、ヨーロッパからの航空便で成田空港に入国した際に検疫所で症状を自己申告し、医師の診察を受けたところ、サル痘の疑いがあることがわかりました。

男性は空港から直接、県内の医療機関に行って検体を採取され、県の衛生研究所が検査を行った結果、10日、感染が確認されたということです。

男性は現在、県内の医療機関に入院していて、症状は安定しているということです。

県によりますと、男性は入国してから空港と医療機関以外の移動やほかの人との接触がないことから国内で感染が広がるリスクは極めて低いということです。

県は今後、検疫所や医療機関と情報を共有し、国と協力して機内での接触者がいないかや感染ルートなどを調べることにしています。

日本での感染確認はこれで4例目となります。