第2次岸田改造内閣 閣僚3人が旧統一教会関係団体に会費を支出

政治資金収支報告書によりますと、第2次岸田改造内閣では、これまでに3人の閣僚の政治団体や政党支部が「世界平和統一家庭連合」・旧統一教会が関係する団体に会費を支出していたことがわかっています。

寺田総務大臣は

このうち、寺田総務大臣が代表を務める政治団体は平成30年10月、「国際勝共連合」に会費として2万円を支出しています。

これについて寺田総務大臣は、記者団に対し「一度だけ、広島県人会の知人に誘われ、結果的には行けなかったが会費だけ支払った。ただ、その時点で『国際勝共連合』の会合だとは知らなかった」と釈明しました。

そのうえで「私自身、旧統一協会の会合に出たり、祝電を出したことは一切ない。旧統一教会に限らず、社会的に問題となるような諸団体とはおつきあいすることがないようにしたい」と述べました。

加藤厚生労働大臣は

加藤厚生労働大臣が代表を務める政党支部は、平成26年3月と平成28年3月に「世界平和女性連合」に会費として1万5000円ずつを支出していました。

これについて加藤厚生労働大臣は、記者団に対し「懇親会費として秘書が代理で持参したが、秘書は参加していない。また、総務会長を務めていたときに、『世界日報』の取材に応じたことがある。総理の指示もあるので、今後は、関連の疑いがある団体との関係はきっぱりと整理していきたい」と述べました。

山際経済再生担当大臣は

また、山際経済再生担当大臣が代表を務める政治団体は、平成25年3月に「平和大使協議会」に会費として1万円を支出しています。

これについて山際経済再生担当大臣は、記者会見で「政治活動を行ううえで、日頃より多くの個人や企業、各種団体とおつきあいをしているが、私自身が旧統一教会や関連団体と関係があるわけではない。通常の政治活動の一環だったと認識している」と説明しました。

そのうえで「近年は関連団体のイベントに出席などはしていないものの、反省すべきは反省し、疑念を持たれることのないよう、今後とも社会的に問題があると指摘される団体などとの関係は持たないよう慎重に行動していきたい」と述べました。

自民党 萩生田政調会長は

このほか自民党の党4役では、萩生田政調会長が代表を務める政治団体が平成26年3月に、政党支部が平成29年3月に、それぞれ1万5000円を会費として「世界平和女性連合」に支出しています。

萩生田氏の事務所によりますと、これらの支出は関連団体のイベントに秘書などが出席した際に支払ったものだということです。

旧統一教会との関係について萩生田政務調査会長は、記者会見で「私は関連団体のイベントに出席したことを報告しているが、これだけ社会的な問題になっているので、団体とのつきあいは党の方針にのっとって、当然、一線を画していく」と述べました。