第2次岸田改造内閣発足 与野党・各界の反応は

第2次岸田改造内閣が正式に発足しました。
与野党や各界の反応です。

自民 遠藤総務会長「課題にしっかり対応できる安定した布陣」

自民党の遠藤総務会長はNHKの取材に対し「課題にしっかり対応できる、経験のある人を配置している安定した布陣の内閣だ。コロナ対策や防衛問題、それに食料安全保障などの分野はこれから大変だが、党役員も含めてかなり重厚で安定感を持っていて、すぐに仕事ができると思う」と述べました。

公明 山口代表「可能性発揮できる布陣」

公明党の山口代表は総理大臣官邸での与党党首会談のあと、記者団に対し「岸田総理大臣は『国全体として大きな難局に直面していて、早く新たな体制をとり、しっかり臨みたい』と意気込みを語っていた。連立政権の合意に基づき、改造内閣をしっかり支え、難局を乗り越えていきたい」と述べました。

また、改造内閣の顔ぶれについて「留任者は内閣の骨格的な立場を担い、閣僚経験がある方々はふさわしい経験を持ち、手堅く固めたと思う。岸田政権として目指す新しい方向性を担う方々については思い切った人事で、フレッシュさがあり、可能性を発揮できる布陣だ」と述べました。

一方、今回、入閣する閣僚と旧統一教会との関わりについては「誠実に国民に説明を尽くしていくことが重要だ。そのうえで国民の信頼のもとに職責を全うすべく全力を挙げてもらいたい」と指摘しました。

立民 泉代表「『旧統一教会隠ぺい内閣』だ。臨時国会の開会を」

立憲民主党の泉代表は党の会合で「『旧統一教会隠ぺい内閣』だ。点検や厳正な見直しをすると言ったのに全くできておらず、これでは国民の信頼は得られない。女性の閣僚はたった2人と、ジェンダー平等が進む今の時代の範とならない状況で今回の改造内閣には新しさも何もない。『新しい資本主義』と言ったまま実績を残さない中での改造で、臨時国会の開会をしっかり要求していきたい」と述べました。

維新 松井代表「長期政権を目指すための『党内配慮型内閣』」

日本維新の会の松井代表は記者団に対し「党内の派閥の言うことをよく聞いて、大きなサプライズなく、長期政権を目指すための『党内配慮型内閣』だ。外交や防衛も非常に厳しい状況で、岸田総理大臣は安倍元総理大臣の思いを引き継いで参議院選挙をたたかったので、まずは防衛力強化でタブーなき議論をしっかりやるよう追及していきたい」と述べました。

共産 小池書記局長「『旧統一教会隠し失敗内閣』だ」

共産党の小池書記局長は記者会見で「『旧統一教会隠し失敗内閣』だ。旧統一教会や『国葬』の問題、新型コロナの感染の広がりなど岸田政権の行き詰まりの打開をもくろんで改造したが、組閣直後から次々と関わりが出てきていて、自民党が旧統一教会と関係を持たない議員では組閣できないことが逆に証明された。臨時国会を開会し、議論する場をつくるべきだ」と述べました。

国民 玉木代表「山積する問題にどう対応 国民に説明を」

国民民主党の玉木代表は「安倍元総理大臣の『国葬』や旧統一教会の問題のみならず、物価高騰対策や台湾海峡問題など、内外の問題が山積しているので新内閣としてどう対応するのか国民に説明する機会を速やかに設けてもらいたい。国会の閉会中審査に加えて、臨時国会の開会も求めたい」と述べました。

れいわ 山本代表「旧統一教会と自民党の深い関係隠す狙いあり」

れいわ新選組の山本代表は「『岸田のつぼかくし内閣』で、旧統一教会との自民党全体の深い関係やそれに関する失言を覆い隠す狙いがありありだ。党の要職に安倍派の重鎮の萩生田氏を起用して、安倍元総理大臣の『遺訓』である敵基地攻撃能力保有などタカ派的な路線を堅持し、財務大臣を留任させるなど、積極財政によってコロナ禍や物価高で疲弊した国民生活を下支えする方向性は見えてこない」というコメントを出しました。

経団連 十倉会長「政策の迅速遂行に期待」

経団連の十倉会長は「新内閣は政策通のすぐれた人材が多数登用され、自民党役員を含め、政府・与党が結束して政策を迅速に遂行することが期待される極めて強力な布陣だと評価したい」というコメントを出しました。

そのうえで、「厳しい国際情勢を念頭に置いた外交・安全保障政策の展開や、エネルギーの安定供給、GX=グリーントランスフォーメーションなど社会変革の推進に向けて強力なリーダーシップを発揮し力強く政策を推し進めていくことを期待したい」としています。

日本商工会議所 三村会頭「経験豊富な安定感の高い布陣」

日本商工会議所の三村会頭は「政策や実務経験が豊富な安定感の高い布陣で、日本が停滞から変革への大転換期を迎える中で直面する社会経済課題の克服への迅速かつ効果的な取り組みを期待したい。資源価格などの高騰や円安の進展といった急激な環境変化に対応するため中小企業の生産性向上などを強力に支援するとともに持続的な賃上げが可能な環境整備にいっそう努めてほしい」とするコメントを出しました。

経済同友会 櫻田代表幹事「経済再生に向かう手堅い布陣」

経済同友会の櫻田代表幹事は「緊張を増す国際情勢や先の見えない物価高など差し迫った課題に取り組み、本格的な経済再生に向かうための手堅い布陣と受け止めた。さまざまな戦略の具体化と実行を急ぐとともに、日本の将来を左右する構造的な課題について解決への道筋を示してほしい」とするコメントを出しました。

日本百貨店協会 村田会長「重要課題解決への政策実行を期待」

第2次岸田改造内閣の発足について、日本百貨店協会の村田善郎会長は「国際情勢の緊迫化、新型コロナウイルスの感染拡大など、内外に山積する重要課題の解決に向け、効果的かつスピード感のある政策実行を期待する。秋から年末に向けて需要の山場を迎える小売業では個人消費の腰折れ懸念が高まっているので、感染防止と経済の両立を前提に、消費心理の冷え込みを防ぐ新たな需要喚起策の展開を望む」などとするコメントを発表しました。