内閣改造 農相に野村哲郎氏起用へ 初入閣

10日行われる内閣改造で、岸田総理大臣は、農林水産大臣に、参議院議員で自民党茂木派の野村哲郎氏を起用する意向を固めました。野村氏は初めての入閣です。

野村氏は、参議院鹿児島選挙区選出の当選4回で、78歳。

自民党茂木派に所属しています。

鹿児島県農協中央会の常務理事を経て、平成16年の参議院選挙で初当選しました。

これまでに、農林水産政務官のほか、参議院の農林水産委員長や決算委員長などを歴任しました。

現在は、党の参議院議員副会長を務めています。

岸田総理大臣としては、農林水産行政に精通し、党内第2派閥の茂木派に所属する野村氏を閣僚に起用することで、政権運営の円滑化を図るねらいがあるものとみられます。

野村氏は初めての入閣です。