プールで子ども18人におう吐などの症状 食中毒か 千葉 山武

9日午後、千葉県山武市のプールで小中学生の男女16人がおう吐などの症状を訴えて医療機関に搬送されるなどしました。地元の保健所では食中毒の可能性もあると見て調べています。

消防によりますと、9日午後4時ごろ、千葉県山武市のプール「蓮沼ウォーターガーデン」で「子どもが具合が悪くなっておう吐するなどしている」と通報がありました。

現場に救急車が出て対応したところ、7歳から13歳までの小中学生の男女16人に主におう吐などの症状が見られ、このうち14人が医療機関に搬送されましたが、これまでのところいずれも命に別状はないということです。

警察によりますと、子どもたちはおよそ50人が参加した泊まりがけのサマースクールの参加者で、9日朝、宿泊先で炊いた米でおにぎりを作ってプールに持ち込み、昼食として食べたあと、症状を訴えたということです。

地元の保健所では食中毒の可能性もあるとみて詳しい状況を調べています。