米 トランプ前大統領が声明 “自宅にFBIが捜索に入った”

アメリカのトランプ前大統領は8日、声明を発表し、南部フロリダ州にある自宅にFBI=連邦捜査局が捜索に入ったと明らかにしました。トランプ氏の次男のエリック氏は、捜索はトランプ氏がホワイトハウスから持ち出したとされる文書に関するものだと明らかにしました。

アメリカのトランプ前大統領は8日、声明を発表し、南部フロリダ州にある自宅の「マー・アー・ラゴ」にFBIの捜査員が捜索に入ったと明らかにし、「私の美しい家が大勢の捜査員によって包囲され、捜索され、占拠されている。アメリカの大統領にかつてこのようなことが起きたことはない。彼らは私の金庫までこじあけた」と批判しました。

そして「これは検察権の乱用で、司法制度を武器にしたものだ。何としても2024年の大統領選挙に私を立候補させたくない過激な左派による攻撃だ」としています。

捜索について現時点では当局の正式な発表はなく、容疑についても明らかになっていませんが、トランプ氏の次男のエリック氏はFOXニュースに出演し、当局側から捜索について、トランプ氏がホワイトハウスから持ち出したとされる文書に関するものだと説明を受けたと明らかにしました。

アメリカでは大統領は退任時に公務に関わるすべての文書や記録を国立公文書館に移して保存しておかなければならないことが法律で定められています。

しかし、トランプ氏は去年の退任に合わせて機密文書を含む資料を持ち出したとされ、国立公文書館はことしに入って15箱分の資料をトランプ氏のフロリダ州の自宅から運び出すとともに司法省と連絡をとりあっていると公表していました。

自宅前には支持者が集まる

トランプ氏がフロリダ州の自宅にFBIの捜索が入ったと明らかにしたことを受けて、自宅前には8日夜、警察の車両が警戒に当たる中、トランプ氏の支持者が集まり、トランプ氏の名前が書かれた旗や看板を掲げて支持を表明していました。

共和党トップ 不当な捜索と反発

議会下院の共和党トップ、マッカーシー院内総務はツイッターに「もうたくさんだ。司法省は政治目的に権力を武器にする、許されないレベルに達している。共和党が下院を奪還した際には司法省を直ちに監督し、事実関係を確認し、すべての手を打つことになる。ガーランド司法長官、文書を保管し、予定を空けておけ」と投稿し、司法省による不当な捜索だと反発しています。

また、共和党の重鎮でトランプ氏に近いグラム上院議員はツイッターに「トランプ前大統領の自宅にFBIが捜索に入ったとの報道を受けて、いくつかの考えが浮かぶ。中間選挙まではあと100日。トランプ前大統領は2024年に再び立候補する可能性が高い。法の上に立つ者はいない。法は政治に左右されてはならない」と投稿し、捜索にトランプ氏を攻撃する政治的意図があるとの考えをにじませています。