歌手のオリビア・ニュートンジョンさん死去 73歳

「そよ風の誘惑」や「フィジカル」などの代表曲や映画「グリース」の主演などで知られる、歌手のオリビア・ニュートンジョンさんが亡くなりました。73歳でした。

オリビア・ニュートンジョンさんは1948年にイギリスで生まれ、移住したオーストラリアで友人らと音楽活動を始め、その後、ソロでも活躍しました。

透明感のある伸びやかな歌声が特徴で、「そよ風の誘惑」や「愛の告白」、それに「フィジカル」などのヒット曲を次々と発表し、グラミー賞を4度、受賞しています。

また、1978年に公開され、大ヒットしたミュージカル映画「グリース」で主演するなど、俳優としても活躍したほか、日本の音楽文化の発展と友好親善に貢献したとして、去年秋には旭日小綬章を受章しています。

一方でニュートンジョンさんは、30年以上にわたって乳がんで闘病していて、早期発見の重要性を訴える啓発活動なども行っていたということです。

本人のSNSに投稿された親族の発表によりますと、ニュートンジョンさんは8日朝、家族や友人に見守られる中、亡くなったということです。

73歳でした。

俳優 トラボルタさん「私たちの人生を豊かにしてくれた」

オリビア・ニュートンジョンさんが亡くなったことを受け、大ヒットした1978年のミュージカル映画「グリース」で共演した、俳優のジョン・トラボルタさんはSNSで「親愛なるオリビア、あなたは私たちの人生をとても豊かにしてくれました。あなたの存在感はすばらしいものでした。私はあなたが大好きです。またいずれ、再会しましょう。初めて会った瞬間から、そしてこの先もずっと、あなたのことをおもっています」と追悼のコメントを書き込んでいます。