研究用原子炉「ふげん」廃炉作業の完了時期を7年延期

福井県敦賀市で廃炉作業が進められている研究用の原子炉「ふげん」について、国と日本原子力研究開発機構は、原子炉本体の解体をより安全な方法に切り替えるとして、廃炉作業が完了する時期を7年延期し、2040年度に変更したことを明らかにしました。

新型転換炉と呼ばれる研究用の原子炉「ふげん」は2003年に運転を終え、2033年度の完了を目指し、廃炉作業が進められています。

8日は文部科学省と原子力機構の担当者が福井県庁を訪れ、計画の変更を説明しました。

それによりますと、来年度から予定していた原子炉本体の解体方法を検証した結果、より安全な方法に切り替えることにしたということです。

解体作業は放射線を遮るため、原子炉本体の上に設置したプールの中で行う予定ですが、放射性物質を含んだ水が漏れるリスクを減らすため、プールと原子炉本体を直接溶接する方法に変更するということです。

遠隔で溶接する機器の開発などに時間がかかるため、原子炉の解体は当初の計画より7年延期され、廃炉作業が完了する時期は2040年度になりました。

会談のあと、文部科学省の林孝浩大臣官房審議官は、「地元の安全・安心に万全を期しながら廃炉に取り組んでいきたい」と述べました。