安倍元首相銃撃事件 前日に岡山で手製銃で襲撃しようとしたか

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件で、容疑者が前日に、岡山市で遊説中の元総理大臣を手製の銃で襲撃しようとしたとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。実際の銃撃では、手製の銃のうち小型のものが使われていて、警察は襲撃しやすいように銃を選んだ可能性があるとみて調べています。

先月8日、安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件で、警察は奈良市に住む無職、山上徹也容疑者(41)を逮捕し、殺人の疑いで捜査しています。

現在、容疑者の刑事責任能力を調べる精神鑑定が行われています。

これまでの調べで、山上容疑者は、事件の前日に安倍元総理大臣の遊説が行われた岡山市を訪れていたことが分かっていて、「元総理を殺害しようと考えていたが、入り口で入場手続きが行われているのを見て難しいと思った」という趣旨の供述をしているということです。

その後の調べで、この時、手製の銃で元総理大臣を襲撃しようとしたとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。

警察によりますとこれまでに、事件に使われた長さおよそ40センチ、高さおよそ20センチの手製の銃のほか、容疑者の自宅からは構造が似た別の手製の銃、少なくとも5丁を押収しています。

実際の銃撃では、手製の銃のうち小型のものが使われていて、警察は襲撃しやすいよう銃を選んだ可能性があるとみて調べています。