1歳の女児 自宅前で母親の運転する車にはねられ死亡 京都

8日午前、京都市で1歳の女の子が自宅の前で、母親が運転する車にはねられ死亡しました。

8日午前10時前、京都市南区東九条石田町で1歳の池田華ちゃんが自宅の前の道路で38歳の母親が運転する乗用車にはねられました。

警察によりますと、頭などを強く打っていて病院で手当てを受けましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。

母親は買い物から帰宅して道路沿いにある駐車場に車を止めるため車道の脇で一時停止し、その後、再び車を発進させた際にはねてしまったとみられています。

華ちゃんは自宅で家族と留守番をしていましたが、母親の帰宅に気付き、きょうだいと一緒に外に出ていたとみられるということです。

母親は「後続車が途切れたので前に出た瞬間にぶつかってしまった」と話しているということで、警察は当時の状況を詳しく調べています。

現場はJR京都駅から南に1キロほど離れた交通量の多い片側1車線の府道です。