中国軍 台湾周辺での軍事演習 予告期日過ぎるも継続と発表

中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は、8日も台湾周辺の海域と空域で軍事演習を実施したと発表しました。
中国軍は当初、台湾周辺での「重要軍事演習」を7日まで行うと予告していましたが、演習をさらに継続することで台湾側に揺さぶりをかけ、圧力を強めるねらいがあるとみられます。

中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は8日、台湾周辺の海域と空域で軍事演習を実施したと発表しました。

8日の演習は、敵の潜水艦や海上での攻撃を想定したものだとしています。

中国軍は、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に反発して、7日までの4日間の日程で、台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で「重要軍事演習」を行うと予告し、台湾国防部は期間中、多数の中国軍の航空機や艦艇が台湾海峡の「中間線」を越えて活動したと非難していました。

中国軍はこの演習を予告どおり終えたかどうかは明らかにしていません。

中国軍としては演習の終了を明言せず、さらに継続することで、台湾側に揺さぶりをかけ、圧力を強めるねらいがあるとみられます。

一方、台湾国防部は8日夕方、オンラインで記者会見し、「中国軍の演習は基本的にわれわれの訓練の空間と反応の時間に圧迫を加えるものだ。われわれは引き下がらず、より積極的に対応する」と述べ、中国側に反発しました。

中国外務省 報道官「みずからの領土の周辺海域で正常な演習」

中国外務省の汪文斌報道官は8日の記者会見で「台湾は中国の領土であり、みずからの領土の周辺海域で正常な軍事演習を行っているものだ。これは国内法や国際法、国際的な慣例にも合致する」と述べ、正当化しました。

そのうえで「アメリカのペロシ下院議長は中国の断固とした反対と、たび重なる申し入れにもかかわらず、事実上、アメリカ政府による容認と手配のもとで公然と台湾を訪問した。われわれの措置は騒ぎを起こした張本人に警告を発し、台湾独立勢力を懲らしめるのが目的だ」と述べ、演習の意図を強調しました。