萩生田経済産業相を要職で起用する方向 岸田首相が調整進める

10日の内閣改造と自民党の役員人事で、岸田総理大臣は自民党安倍派の萩生田経済産業大臣を重要閣僚や党4役といった政権の要職で引き続き起用する方向で最終的な調整を進めています。

10日の内閣改造と自民党の役員人事に向けて岸田総理大臣は7日、総理大臣公邸で茂木幹事長や安倍派に所属する萩生田経済産業大臣と相次いで会談しました。

これを踏まえ、岸田総理大臣は萩生田大臣について、留任を含め重要閣僚や党4役といった政権の要職で引き続き起用する方向で最終的な調整を進めています。

岸田総理大臣は、亡くなった安倍元総理大臣の側近だった萩生田大臣を処遇することで、政権運営にあたって党内最大派閥の安倍派を重視する姿勢を示すねらいもあるものとみられます。

岸田総理大臣は、内閣改造で松野官房長官を、党役員人事で麻生副総裁、茂木幹事長をそれぞれ続投させる意向を固めていて、政権の骨格を維持する方針です。

そのうえで、内外の課題への対応を強化することに加え、旧統一教会との関係性も考慮しながら人選を進める方針で、8日夕方には自民党の臨時の役員会と総務会で役員人事の一任を取り付け、人事の調整を加速させることにしています。