九州で局地的に発達した雨雲 北・東日本でも大気不安定

寒気や湿った空気の影響で九州では局地的に発達した雨雲がかかっています。
北日本と東日本でも7日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。
これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、土砂災害などに十分注意してください。

気象庁によりますと、上空の寒気や湿った空気の影響で九州では局地的に発達した雨雲がかかり、激しい雨が降っているところがあります。

熊本市では午前6時までの1時間に23.5ミリの強い雨が降りました。

北日本と東日本でもこれから7日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

8日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、関東甲信と東海で100ミリ、東北と北陸で80ミリ、北海道で50ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに十分注意するほか、北日本では落雷や竜巻などの激しい突風やひょうにも注意するよう呼びかけています。

大雨の被災地では地盤が緩んでいる中で雨が強まるところもある見込みで、がけの近くには近づかないなど十分に注意してください。

一方、西日本では7日も各地で気温が上がり、日中の最高気温は、福井市と鳥取市で36度、京都市や金沢市、鹿児島市などで35度と、各地で猛烈な暑さとなる見込みです。

日中は外出をなるべく避け、こまめに水分を補給するほか冷房を適切に使用するなどして熱中症への警戒を続けてください。