サッカーJ1 第24節 柏レイソルが競り勝ち4連勝で2位に浮上

サッカーJ1は第24節の4試合が行われ、柏レイソルが京都サンガに競り勝ち、4連勝で2位に浮上しました。

レイソルは途中出場の武藤雄樹選手が終了間際に決勝ゴールを決め、2対1でサンガに競り勝ちました。

レイソルは連勝を4に伸ばし、勝ち点42で2位に浮上しました。

セレッソ大阪対ヴィッセル神戸は、セレッソが3対0で快勝し、3連勝で勝ち点を41として3位に順位を上げました。

鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島は、サンフレッチェが2対0で勝ちました。

名古屋グランパス対浦和レッズは、グランパスが3対0で快勝しました。

先月、古巣のグランパスに復帰した永井謙佑選手が1得点、アシスト2つの活躍でした。

アビスパ福岡対ガンバ大阪は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。