参議院選挙受けて召集された臨時国会が閉会

参議院選挙を受けて3日召集された臨時国会は、3日間の会期を終えて、5日閉会しました。

先月の参議院選挙を受けて、3日召集された第209臨時国会は、5日会期末を迎え、衆参両院の本会議で閉会に向けた手続きが行われました。

そして、3日間の会期を終えて、閉会しました。

今回の臨時国会では、新しい参議院の議長や副議長の選出を行い、法案などの審議は行われませんでした。

与野党は、臨時国会のあと、安倍元総理大臣の「国葬」や新型コロナ対応などをめぐって、閉会中審査を行うことで合意していますが、野党側は、旧統一教会「世界平和統一家庭連合」と政治との関わりや、物価高騰対策などについても閉会中審査を行うよう求めていて与野党間で協議が行われる見通しです。