カブス鈴木誠也 ダブルヘッダーで1安打1打点 チームは連敗

大リーグ、カブスの鈴木誠也選手が4日、相手の本拠地、セントルイスで行われたカーディナルスとのダブルヘッダーにフル出場し、第1試合でタイムリーヒットを打ちました。

鈴木選手はダブルヘッダーの第1試合に4番ライトでフル出場し、6回の第3打席で、かつてプロ野球の巨人に所属した、マイコラス投手からセンター前にタイムリーヒットを打ちました。

このほか第1打席と第2打席は空振り三振。

第4打席はショートゴロエラーで4打数1安打1打点でした。

カブスは3対4でサヨナラ負けしました。

鈴木選手は第2試合も4番ライトでフル出場し、第1打席は空振り三振、第2打席はライトフライ、第3打席はフォアボール、第4打席は9回、ノーアウト一塁二塁で空振り三振に倒れました。

この試合は3打数ノーヒットで打率は2割5分2厘になりました。

カブスは2対7で敗れ5連敗です。