三笠宮彬子さま 退院 京都のお住まいで療養へ 新型コロナ

新型コロナウイルスに感染し、京都市内の病院に入院していた三笠宮彬子さまは、5日午前に退院されました。

彬子さまは7月31日、38度台の熱などの症状を訴え、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認され、京都市の京都府立医科大学附属病院に入院されていました。

宮内庁によりますと、のどの痛みは残るものの、熱は平熱に下がり、体調が落ち着いたため、医師の判断で5日午前、退院されたということです。

当面は、京都のお住まいで療養を続けられるということです。