小田急線 車内での切りつけ事件から1年を前に通報や避難の訓練

走行中の小田急線の車内で乗客が切りつけられ、10人がけがをした事件から1年となるのを前に、列車内で不審者が刃物を持って暴れたという想定で、乗客が速やかに車外に異常を知らせたり避難したりする手順を、確認する訓練が行われました。

訓練は警視庁や小田急電鉄から70人余りが参加し、新宿駅へ向かう列車の車内で、刃物を持った男が暴れ、車内に火をつけるという想定で、列車を実際に走行させて行われました。

まず、男が乗客たちに因縁をつけたあと、刃物を取り出し、車内に油のようなものをまいて火をつけました。

この間、乗客たちは車内に備えられた「非常通報装置」のボタンを押して、緊急事態の発生を車掌などに伝え、その後、駅で待ち構えていた警察官が男を取り押さえました。

また、駅員は乗客を列車からホームに誘導し、安全に避難させる手順を確認していました。
新宿警察署の向出和雄地域課長は「同じ現場は二度とないという緊張感を持って訓練を実施した。混雑した列車内での対応の難しさを実感した」と話していました。

小田急電鉄の林智和新宿管区長は「乗客の安全のため、警察とさらに連携を強化していきたい」と話していました。