参院本会議 安倍元首相に弔詞 衆院本会議でも同様に

先月亡くなった安倍元総理大臣に対し、5日の参議院本会議で弔詞が読み上げられました。このあと開かれる衆議院本会議でも同様に行われます。

臨時国会会期末の5日、国会では午前中参議院本会議が開かれ、先月亡くなった安倍元総理大臣に弔詞を贈ることを決めました。

弔詞は、現職の国会議員などが死去した際に遺族に贈られます。

尾辻議長は「憲政史上最も長きにわたり総理大臣の職責を務め、わが国民主政治発展のため、力を尽くされた。つつしんで哀悼の意を表し、弔詞をささげる」と読み上げました。

午後は、衆議院本会議が開かれ、細田議長が弔詞を朗読することにしています。

また、日本を訪れているアメリカのペロシ下院議長が本会議を傍聴する予定だということです。

一方、安倍元総理大臣に対する追悼演説は、今国会では見送られ、秋の臨時国会で行われる見通しです。