大谷翔平 ホームラン2本 通算117本でイチローさんに並ぶ

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が登板翌日の試合に指名打者でフル出場し、2本のホームランを打って大リーグでの通算ホームランを117本として日本選手で歴代2位のイチローさんに並びました。

大谷選手は4日、本拠地のアナハイムで行われたアスレティックス戦に2番・指名打者で先発出場し、1回の第1打席で4試合ぶりとなる23号のソロホームランを打ってチームに先制点をもたらしました。

相手に一挙6点を奪われて逆転された直後の3回の第2打席は空振りの三振で、5回の第3打席は1アウト一塁からセンター前にヒットを打ちました。

さらに、3点を追う7回の第4打席で変化球をとらえてライトへ24号ソロホームランを打ちました。
大谷選手は大リーグ5年目で通算ホームラン数が117本となり、マリナーズなどで長く活躍したイチローさんと並んで日本選手では歴代2位となりました。
1位は大リーグで10年プレーした松井秀喜さんの175本です。

エンジェルスはソロホームランを重ねて追い上げ、9回にこの試合7本目のソロホームランで1点差に迫って、さらに2アウト一塁として大谷選手に第5打席が回りました。

ホームランが出れば逆転サヨナラという場面にスタジアムのファンは大いに盛り上がりましたが、初球を打ってショートフライに倒れました。

大谷選手は先発登板して10勝目を逃した翌日の試合で5打数3安打2打点と活躍し、打率は2割5分8厘に上がりましたがエンジェルスは7対8で敗れました。

23号は飛距離122.8メートル

大谷選手の23号ソロホームランは打球速度が170.1キロ、飛距離122.8メートルで3球目の151キロのストレートを左中間へ運びました。

1試合で2本のホームランは今季5回目

大谷選手の24号ソロホームランは打球速度が172.3キロ、飛距離121.6メートルで2球目の128キロのスライダーをライトスタンドに運びました。

大谷選手が1試合で2本のホームランを打つのは大リーグ通算11回目、今シーズン5回目です。

前日 先発登板の影響を感じさせない活躍

大谷選手は先発登板した前日の影響を感じさせない活躍を見せました。大谷選手は前日、6回途中まで99球を投げてマウンドを降りた後、次の打席に向けて準備をしている時に右腕がつる、けいれんのような状態が出たためバッターとしてもフル出場しませんでした。
大谷選手は試合後、大事をとったとした上で「出られる試合は出たいし、休める余裕もない」と話し、翌日の4日の試合にはいつも通り出場する考えを示していました。
そのことば通り、この日も2番・指名打者で先発出場すると1回にいきなり先制ホームランを打ち、7回には6月21日以来となる1試合2本目のホームランを打って前日のアクシデントの影響を感じさせない活躍を見せました。
先月8日以来の1試合3安打もマークし中軸として打線をけん引しましたが、低迷するチームはこの日も投打がかみあわず、9回、大谷選手がホームランなら逆転サヨナラ勝ちという場面で内野フライを打ち上げて最後のバッターとなり、疲れ知らずの大活躍の1日にも笑顔はありませんでした。

チーム7本のソロホームランも大リーグ記録に並ぶ

エンジェルスはこの試合で大谷選手の2本を含め7本のソロホームランを打ちました。

エンジェルスなどによりますと、1試合にチーム7本のソロホームランは、ドジャースが2018年6月24日のメッツ戦で打って以来で、大リーグ記録に並んだということです。

この時のドジャースは延長11回に7本目のソロホームランが出て8対7で勝ちましたが、エンジェルスは9回で7本のホームランを打ちながら敗れました。

次の先発登板は日本時間10日

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手の次の先発登板が9日、日本時間10日のアスレティックス戦に決まりました。

ベーブ・ルース以来となる「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」達成へ今シーズン4回目の挑戦となります。

これはエンジェルスのネビン監督代行が4日の試合前に発表しました。

大谷選手は3日のアスレティックス戦で6回途中まで3失点に抑えましたが、打線が1点しか取れず負け投手となり、9勝7敗となりました。

ベーブ・ルース以来104年ぶりの「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」を前に3試合足踏みが続いていますが、再びアスレティックスを相手に中5日で登板し偉業達成を目指します。

大谷選手は3日の試合でマウンドを降りたあと、右腕がつる、けいれんのような症状を訴えてバッターとしてもフル出場しませんでしたが、ネビン監督代行は「腕の下の部分にけいれんがあったが、100球ほど投げたことで負担がかかって体が少し反応しただけだ。彼は完全に元気だ」と話し、次の登板に影響はないという認識を示しました。

大谷選手が先発登板するアスレティックス戦は9日、日本時間10日に相手の本拠地オークランドで行われ、2018年に大リーグ初勝利をあげた球場での節目の勝利に期待がかかります。