プロ野球結果 巨人 阪神に勝って後半戦初勝利

プロ野球は、DeNA対広島が雨でノーゲーム、ヤクルト対中日が雨で中止となり4試合です。
巨人が阪神に勝って連敗を4で止め、後半戦初勝利を挙げました。

セ・リーグ

▽巨人対阪神は巨人が7対0で勝ちました。
勝ち、山崎伊織投手3勝3敗。
負け、ウィルカーソン投手5勝5敗。
ホームラン、巨人・丸選手20号、増田陸選手5号。

巨人は2回、中田選手のタイムリーツーベースや山崎投手のタイムリーなど打者一巡の攻撃で5点を奪いました。
先発の山崎投手は8回をヒット3本、無失点の好投で5月18日以来の3勝目を挙げました。巨人は後半戦初勝利で連敗を4で止めました。
阪神は先発のウィルカーソン投手が2回途中5失点と崩れ、打線もヒット4本で完封負けしました。

パ・リーグ

▽西武対オリックスは西武が3対2でサヨナラ勝ちしました。
勝ち、水上投手4勝1敗1セーブ。
負け、ワゲスパック投手2勝5敗2セーブ。
ホームラン、西武・中村選手5号、6号。

西武は4回、中村選手の5号ツーランで先制。
5回に同点とされましたが、9回に中村選手がこの試合2本目のホームランとなる6号ソロを打ちサヨナラ勝ちしました。
3人目の水上投手が4勝目を挙げ、西武は3連勝です。
オリックスは6回のノーアウト一塁三塁のチャンスを逃したのが響き、3連敗です。

▽楽天対ロッテは楽天が10対1で勝ちました。
勝ち、岸投手7勝5敗。
負け、本前投手3勝2敗。
ホームラン、楽天・炭谷選手4号、鈴木大地選手3号、茂木選手5号、西川選手7号、島内選手8号。

楽天は2回、炭谷選手の4号ツーランで先制。
3回に鈴木大地選手の3号ツーラン、茂木選手の5号ソロ、それに西川選手の7号ツーランなどで一挙7点を加えました。
先発の岸投手が7回をヒット3本1失点の好投で7月7日以来の7勝目を挙げました。
ロッテは先発の本前投手が3回9失点と崩れました。

▽日本ハム対ソフトバンクは延長12回、規定により3対3で引き分けました。
ホームラン、日本ハム・万波選手11号。
ソフトバンク・周東選手4号。

ソフトバンクは1回、周東選手の先頭打者ホームランとなる4号ソロで先制。
3回には牧原大成選手の2点タイムリーで追加点を挙げました。
3点を追う日本ハムは5回、清宮選手の内野ゴロの間に1点を返し、万波選手の11号ツーランで追いつきました。
その後は両チームとも決め手を欠き引き分けました。