岸田首相 長崎原爆資料館を訪問へ 「長崎原爆の日」に合わせ

今月9日の「長崎原爆の日」に行われる平和祈念式典に出席するのに合わせて岸田総理大臣は、長崎市の原爆資料館を訪れる方向で調整を進めています。
現職の総理大臣が資料館を訪れるのは初めてです。

岸田総理大臣は、今月9日の「長崎原爆の日」に長崎市を訪れ、平和祈念式典に出席することにしています。

これに合わせて、岸田総理大臣は、長崎市の原爆資料館を訪れる方向で調整を進めています。

平成8年に開館した今の資料館を、現職の総理大臣が訪れるのは初めてです。

また、今の資料館の前身となる「原爆資料センター」を含めれば昭和59年に、当時の中曽根総理大臣が訪問して以来となります。

長崎の被爆者団体はこれまで、「長崎原爆の日」に資料館を訪れるよう総理大臣に要望していて、同じ被爆地・広島が地元の岸田総理大臣としては、こうした要望を受け止め、「核兵器のない世界」の実現に積極的な姿勢を示すねらいもあるものとみられます。