山形 飯豊町“橋崩落 車が流された”通報 発見されず5日も捜索

山形県飯豊町で、崩落した橋の上を走っていた車が流されたという内容の通報を受け、警察と消防は4日午後、現場付近を捜索しましたが車の発見には至らなかったということです。天候や状況を見ながら5日も捜索を続ける方針です。

警察によりますと3日午後6時前、山形県飯豊町の小白川地区で県道10号線にかかる「大巻橋」が崩落し、車1台が流されたと通報がありました。

通報した人は、現場付近に車で近づいていたところ、突然、橋が崩落し、橋の上の対向車線を走っていた車が川に流されたと話しているということです。

また、この車の運転席以外に人が乗っていたかどうかについては「わからない」と話しているということです。

通報を受け、警察と消防はおよそ20人の態勢で、4日正午からおよそ2時間、崩落した橋の付近を捜索しましたが車の発見には至らなかったということです。

警察によりますと、周辺の地面がぬかるんでいて歩くのも難しい状況だったということです。

警察と消防は5日も捜索を続ける方針ですが、天候や周辺の状況に応じて慎重に判断することにしています。

山形県によりますと、崩落した橋は幅5.5メートル、長さが24メートル余りで、鉄筋コンクリート製だということです。