駐日ロシア大使 広島の原爆慰霊碑に献花

6日に広島市で開かれる平和記念式典への招待が見送られた駐日ロシア大使が、4日に広島市を訪れて原爆慰霊碑に献花しました。

ロシアのガルージン駐日大使は、4日午前、広島市の平和公園を訪れました。

大使館の職員が花を手向けると、ガルージン駐日大使は原爆慰霊碑に向かって深く頭を下げていました。

「広島原爆の日」に開かれる平和記念式典をめぐっては、主催者の広島市は例年、ロシアの大統領や駐日ロシア大使に招待状を送っていましたが、ことしは、政府と協議した結果、「ロシアのウクライナ侵攻への日本の姿勢について誤解を生む」などとして招待を見送り、ガルージン駐日大使は「重要行事である式典からロシアを排除する挙に出た」と反発していました。
献花を終えたガルージン駐日大使は、記者団に対し「アメリカが行った原爆の投下という戦争犯罪で、犠牲者が言い尽くせないほどの痛みや悩み、苦しみを感じたことを改めて痛感し、ご冥福をお祈りした。核兵器の削減と最終的な廃絶にむけてのロシアの責任ある積極的な態度を明確にしたい。ウクライナでの特別軍事作戦でロシアが核兵器を使う考えは全くない」などと述べました。

ガルージン駐日大使は、広島市内でロシア大使館などが開く核軍縮をテーマにした会議に参加する予定です。