記録的大雨「安否不明 2名と報告受けている」松野官房長官

松野官房長官は、記者会見で「きょう午前9時半時点で、安否不明となっている人が2人いると報告を受けている。また、最上川をはじめ複数の河川が氾濫したほか、各地で土砂崩れが発生している。特に山形県と新潟県では、家屋の浸水などの被害が多数発生している」と述べました。

そして「きょう新潟県知事や山形県知事から、人命救助と給水支援について災害派遣要請があり、現在、部隊を派遣している。自治体と緊密に連携を図りながら、2次災害に留意しつつ、災害応急対策に全力で取り組んでいく。また、これまでに山形県と新潟県の13市町村への災害救助法適用が決定された」と述べました。

そのうえで「山形県の大雨は峠を越えたが、新潟県では引き続き非常に激しい雨が降っていて、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に最大限の警戒をお願いしたい。被害がすでに発生している地域や、北陸地方など警報が出されている地域では、引き続き、最新の情報に注意し、早め早めにみずからの命を守る行動をとってほしい」と呼びかけました。