林外相 カンボジア外相と会談 ミャンマー情勢でASEANを後押し

林外務大臣は、ASEANの議長国を務めるカンボジアのプラク・ソコン副首相兼外相と会談し、ミャンマー情勢の事態の打開に向けたASEANの取り組みを最大限、後押ししていく考えを伝えました。

ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の外相会議のため、カンボジアを訪れている林外務大臣は4日午前、ASEANの議長国を務めるカンボジアのプラク・ソコン副首相兼外相と会談しました。

この中で林外務大臣は、日本とカンボジアの外交関係樹立から来年で70年を迎えることに触れ、「史上最良のレベルにある両国の連携を強化していきたい」と述べました。

また、ミャンマー情勢をめぐり、アウン・サン・スー・チー氏の側近だった議員らの死刑が執行されたことに深刻な憂慮を伝え、事態の打開に向けたASEANの取り組みを最大限、後押ししていく考えを伝えました。

これに対し、プラク・ソコン副首相兼外相は、日本の揺るぎない支援に謝意を示したうえで、事態の打開のために日本と連携していきたいという意向を示しました。

そして、両大臣はウクライナ情勢のほか、南シナ海や北朝鮮といった地域情勢をめぐる課題で、引き続き連携を強化していくことで一致しました。