プロ野球結果 首位の西武とヤクルトがともに勝つ

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグ首位の西武とセ・リーグ首位のヤクルトがともに勝ちました。

パ・リーグ

▽西武対オリックスは、西武が3対1で勝ちました。
勝ち、平井投手6勝5敗。
セーブ、平良投手1勝3敗6セーブ。
負け、宮城投手6勝6敗。
ホームラン、西武・森選手3号、4号。オリックス・頓宮選手3号。

西武は2回、ジャンセン選手の押し出しフォアボールで先制し、森選手が3回と5回に2打席連続のソロホームランを打って得点を追加しました。先発の平井投手は6回をソロホームランの1点に抑えて6勝目を挙げました。

オリックスはチャンスにあと1本が出ませんでした。

▽楽天対ロッテは、楽天が5対4で勝ちました。
勝ち、酒居投手1勝1敗。
セーブ、松井裕樹投手1勝2敗20セーブ。
負け、佐々木朗希投手6勝2敗。
ホームラン、ロッテ・中村奨吾選手9号。

楽天は1対3の6回、西川選手のタイムリーと島内選手の2点タイムリーなどで4点を奪って逆転しました。2人目の酒居投手が今シーズン初勝利を挙げ、松井裕樹投手が20セーブ目です。楽天はソフトバンクと同率の2位に浮上しました。

ロッテは佐々木朗希投手が今シーズンワーストタイの5失点で2敗目を喫し、チームは勝率が5割を切りました。

▽日本ハム対ソフトバンクは、日本ハムが5対1で勝ちました。
勝ち、上原投手3勝3敗。
負け、東浜投手6勝5敗。
ホームラン、日本ハム・清宮選手12号、13号、アルカンタラ選手11号。

日本ハムは3回、清宮選手の12号ツーランで先制し、4回にアルカンタラ選手の11号ソロで追加点を挙げました。さらに8回には清宮選手がこの試合2本目のホームランとなる13号ツーランを打ってリードを広げました。先発の上原投手は8回をヒット3本、無失点に抑え、3勝目を挙げました。

ソフトバンクは先発の東浜投手が7回3失点と粘りましたが、打線が振るいませんでした。

セ・リーグ

▽ヤクルト対中日は、ヤクルトが9対7で勝ちました。
勝ち、サイスニード投手6勝3敗。
セーブ、マクガフ投手2敗27セーブ。
負け、笠原投手1勝2敗。
ホームラン、ヤクルト・サンタナ選手8号、9号。中日・阿部選手7号。

ヤクルトは0対2の1回、サンタナ選手の8号ツーランなどで3点を挙げて逆転し、3回にはサンタナ選手が2打席連続ホームランとなる9号スリーランを打って追加点を挙げました。サンタナ選手は6回にもタイムリーツーベースを打つなど4安打6打点の活躍でした。先発のサイスニード投手は5回4失点で6勝目を挙げ、ヤクルトは3連勝です。

中日は守備のミスが絡んだ失点が響き、追い上げも及びませんでした。

▽DeNA対広島は、延長11回、DeNAが6対5でサヨナラ勝ちしました。
勝ち、平田投手3勝2敗。
負け、藤井投手1敗。
ホームラン、広島・長野選手3号。

DeNAは、5対5の延長11回、1アウト満塁で宮崎選手がヒットを打ち、試合を決めました。11回を抑えた6人目の平田投手が3勝目を挙げました。

広島は7回に3点差を追いつきましたが、その後はダブルプレ-などでチャンスを生かせず、今シーズンワーストの6連敗です。

▽巨人対阪神は、阪神が2対1で勝ちました。
勝ち、伊藤将司投手8勝2敗。
セーブ、岩崎投手1勝3敗24セーブ。
負け、戸郷投手9勝5敗。
ホームラン、阪神・梅野選手3号。巨人・吉川選手5号。

阪神は3回、中野選手のタイムリーで先制し、5回に梅野選手の3号ソロで追加点を挙げ接戦を制しました。先発の伊藤将司投手は6回ヒット4本1失点で8勝目を挙げました。

巨人は戸郷投手が8回2失点と好投しましたが、打線の援護がなくチームは4連敗です。