インドネシア 米軍と過去最大の合同軍事演習 自衛隊も初の参加

アメリカ軍とインドネシア軍の合同軍事演習がインドネシアで始まりました。ことしは、日本の自衛隊も初めて参加し、過去最大の演習となっていて、海洋進出を進める中国を念頭に、多国間で安全保障関係を強化するねらいがあるとみられます。

この演習は、アメリカ軍とインドネシア軍が毎年行っているもので、3日はスマトラ島南部にあるインドネシア陸軍の基地で開会式が開かれました。

ことしは海軍や空軍も加わっているほか、日本の陸上自衛隊やオーストラリア軍などが初めて参加し、全体で14か国、合わせておよそ5000人が参加する過去最大の演習となっています。

開会式のあと、陸上自衛隊の「第1空挺団」は、インドネシアとアメリカと合同で飛行中の航空機からパラシュートで降下する訓練を行いました。

インドネシアは、南シナ海南部の海域にある自国の領土であるナトゥナ諸島の沖合に排他的経済水域を設定し、南シナ海のほぼ全域の権益を主張する中国と対立していることから、今回の演習は、多国間で安全保障関係を強化するねらいがあるとみられます。
陸上総隊司令部の牛嶋築幕僚長は「自由で開かれたインド太平洋の戦略上、価値が高い演習だ。今後も参加したい」と話していました。