節電ポイント 早ければ8月中にも付与へ

経済産業省は物価高騰対策の一環として節電に協力する家庭や企業にポイントなどを付与する新たな支援制度について、4日から、この制度に参加する事業者の申請を受け付けると発表しました。早ければ今月中にもポイントの付与が始まる見通しです。

政府は電気料金の高騰や電力の需給ひっ迫に対応するため、電力の小売り事業者が実施する節電プログラムに登録した家庭に、2000円相当のポイントを支給する制度を導入します。

また企業には20万円程度、補助する仕組みを設けます。

これについて経済産業省は、4日から9月末までの期間、この支援制度に参加する小売り事業者の申請を受け付けます。

申請が認められた事業者の節電プログラムから、利用者の登録ができるようになるということで、家庭には早ければ今月中にもポイントが付与される見通しです。

経済産業省では、家庭と企業合わせて4500万件程度の登録を見込んでいるほか、節電プログラムを実施する事業者を100社を超える規模にまで増やしたいとしています。

経済産業省は、節電した電力量に応じて各社のプログラムにポイントを上乗せすることも検討していて、厳しい電力需給が見込まれる冬に向けて、節電の取り組みを一段と強化する方針です。