【動画】新潟 聖籠町付近 道路が冠水

新潟県胎内市に住む西澤慶子さん(65)が3日の午後2時ごろ、外出先から帰る途中で聖籠町付近で撮影した映像です。

当時、西澤さんは夫が運転する車の助手席に乗っていたということで、冠水した道路をタイヤまで水につかりながら進んでいる様子がわかります。

その後、次第に水かさが増していき、対向車とすれ違うたびにフロントガラスに水が跳ね上がって前が見えなくなる瞬間もあったということで「まずい、相当まずい」、「止まりそう、気をつけて」などの夫婦の声も記録されています。

西澤さんは無事に帰宅できたということで、「ものすごく雨が降り始めて、道路の冠水が尋常ではなかったです。全然スピードが出なくてハザードランプをつけながら進みました。いつ車が止まるかわからず、初めての経験で生きた心地がしなかったです。命からがら自宅に到着でき、ほっとしました」と話していました。