臨時国会 開会式行われる

第209臨時国会の召集に合わせ、参議院本会議場で天皇陛下をお迎えして、開会式が行われました。

臨時国会の開会式は、午後3時から参議院本会議場で行われました。

衆参両院を代表して、細田衆議院議長が「去る7月10日に参議院選挙が行われ、われわれは新たな構成のもと、当面する内外の諸情勢に対処し、適切な施策の推進に万全を期さなければならない。課せられた重大な使命に鑑み、憲法の精神を体し(たいし)、おのおの最善を尽くして、その任務を遂行する」と述べました。
このあと、天皇陛下が「新議員を迎え、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。 国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」とおことばを述べられました。