新潟県下越 山形県置賜で線状降水帯 非常に激しい雨のおそれ

前線や低気圧の影響で新潟県や東北に発達した雨雲が流れ込み、気象庁は新潟県下越と山形県置賜で線状降水帯が確認されたとして「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。
新潟県や東北では3日夜にかけて非常に激しい雨のおそれがあり、土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒してください。

新潟・山形 線状降水帯

気象庁によりますと東北や北陸付近に低気圧をともなった前線がのびている影響で新潟県や東北に発達した雨雲が流れ込み、予想を上回る大雨となっています。

気象庁は新潟県下越と山形県置賜で線状降水帯が確認され、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして、午後1時すぎ「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。

その後も雨は続き、午後4時までの1時間には、いずれも国土交通省の雨量計で、
▽新潟県村上市で81ミリの猛烈な雨を、
▽山形県小国町で64ミリの非常に激しい雨を、
観測しました。

東北北部も警戒続く

また、3日朝に青森県と秋田県で「線状降水帯」が確認された東北北部では雨は弱まりつつありますが、各地で災害の危険性の高い状態が続いています。

これまでの大雨で新潟県と山形県、福島県、青森県、それに岩手県では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が出されている地域があるほか、青森県と岩手県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

東北・新潟 夜にかけ非常に激しい雨おそれ

今後の見通しです。

東北や新潟県などでは3日夜にかけて非常に激しい雨が降り、さらに雨量が増えるおそれがあります。

4日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県を含む北陸で130ミリ、
▽東北で80ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけています。

新潟県と山形県を中心に、命に危険が及ぶ災害の発生の危険性が高まっている中、これから夜になります。

周りの安全が確認できる場合は避難所や近くの頑丈な建物に避難するほか、建物の2階以上に移動するなど、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。