沖縄 与那国島 中国軍の台湾周辺での軍事演習も情報得られず

アメリカのペロシ下院議長が2日夜から台湾を訪問する中、中国国営の新華社通信は、中国軍が4日から台湾周辺で軍事演習を行うと伝えました。
台湾に近い沖縄県与那国島の漁協は、軍事演習に関する情報が関係機関から得られていないとしたうえで、漁業者に対し注意を呼びかけることにしています。

中国国営の新華社通信によりますと、中国軍の軍事演習は4日から7日まで台湾を囲むようにした合わせて6か所の海域や空域で実施され、実弾での射撃なども行うということです。

台湾からおよそ110キロの位置にある与那国島の漁業協同組合によりますと、過去に台湾が近海で軍事演習を行った際には水産庁からの情報が県を通じて伝えられましたが、今回、日本側の関係機関からは情報が得られていないということです。

報道などで中国軍が軍事演習を行うとされているエリアは、島の漁業者がふだん操業している場所から50キロから100キロほど離れているとしています。

漁協では漁業者に対して、この海域について周知し注意を呼びかけることにしています。

与那国町漁業協同組合の嵩西茂則組合長は「これまでも島周辺では台湾が演習を行っていたが、今回は位置も異なり中国軍の演習とのことで怖いです。これですぐに戦闘が始まるとは思わないが、偶発的な衝突などがあれば与那国は危険に陥るので心配しています」と話していました。