東~西日本気温上昇 栃木 埼玉 群馬で39度 危険な暑さ厳重警戒

3日も東日本や西日本で気温が上がっていて、関東甲信や東海の各地で38度を超え、特に栃木県や埼玉県、群馬県では39度に達するところもあるなど危険な暑さとなっています。日中の外出をなるべく避け、室内では我慢せず冷房を使うなど熱中症に厳重な警戒をしてください。

気象庁によりますと、東日本と西日本は3日も晴れて気温がぐんぐん上がっています。


午後2時半までの最高気温は
▽栃木県佐野市で39.7度、
▽埼玉県越谷市で39.2度、
▽群馬県館林市で39度ちょうど、
▽三重県桑名市で38.9度、
▽静岡県川根本町で38.8度、
▽岐阜県多治見市で38.7度、
▽東京・青梅市38.5度などと、
危険な暑さとなっています。

また、
▽京都市で37.5度、
▽名古屋市で37度ちょうど、
▽高松市で36.7度、
▽福岡市で36.2度、
▽東京の都心で36.1度など
各地で猛暑日となっています。


関東甲信から沖縄・奄美にかけての都府県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。

引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。

特に熱中症の搬送者数が多い時期に入っています。

▽日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、
▽我慢せず冷房を適切に使用する、
▽こまめに水分を補給する、
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、
対策を徹底するようにしてください。

暑さを不快に感じにくい高齢者がエアコンの使用を控えたまま屋内で熱中症になるケースもたびたび起きています。

連日の熱帯夜や猛暑日で屋内の室温が高くなっていないか、エアコンを使っているかなど離れた家族が電話で声がけすることも有効です。