ASEAN外相会議始まる ミャンマー情勢や南シナ海など議論へ

ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の外相会議が、3日から議長国カンボジアの首都プノンペンで始まり、軍が実権を握るミャンマー情勢や中国が海洋進出を続ける、南シナ海の問題などについて議論が交わされます。

ASEANの一連の外相会議は、3日からカンボジアの首都プノンペンで始まりました。

会議は3年ぶりに対面形式で行われ、軍が実権を握るミャンマー情勢や中国が海洋進出を続ける、南シナ海の問題などについて議論が交わされます。

このうち、加盟国の外相が出席する本会議では、先月、ミャンマーでアウン・サン・スー・チー氏の側近だった元議員ら4人の死刑を執行した軍に対し、内政不干渉を原則とするASEANが、どこまで踏み込んで議論を行うかが焦点となります。

今回の会議には日本の林外務大臣やアメリカのブリンケン国務長官、それに中国の王毅外相らが参加し、中国が海洋進出を続ける南シナ海の問題などについて意見が交わされる見通しです。

ただ、中国はアメリカのペロシ下院議長が2日から台湾を訪問していることに激しく反発していることから、当事国を交えた議論の行方にも関心が集まっています。