青森 秋田で線状降水帯 新潟 山形も猛烈な雨 災害洪水厳重警戒

前線や低気圧の影響で、青森県や秋田県など東北北部では非常に激しい雨が降り続いて、線状降水帯が確認されるなど記録的な大雨となっています。
前線が次第に南下し新潟県や山形県でも1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されるなど大雨になっています。東北や新潟県でも土砂災害や洪水などに厳重に警戒してください。

気象庁によりますと、東北付近には低気圧をともなった前線がのびていて、南からは暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、3日未明から東北北部には発達した雨雲が流れ込みました。

気象庁は、発達した積乱雲が次々と連なる「線状降水帯」が確認され、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして、
▽午前8時前に青森県の津軽地方に、
▽午前8時半ごろに秋田県の沿岸と内陸に、
いずれも「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。

レーダーによる解析では、午前8時や8時10分までの1時間に、
▽青森県深浦町付近でおよそ110ミリ、
▽青森県鰺ヶ沢町付近でおよそ90ミリ、
▽秋田県八峰町付近でおよそ100ミリの、
いずれも猛烈な雨が降ったとみられます。

各地で観測史上最多雨量に

午前11時までの12時間の雨量は、
▽青森県平川市碇ヶ関で178ミリ、
▽青森県深浦町で172ミリ、
▽秋田県大館市陣場で169.5ミリ、
▽青森県平川市の温川で161.5ミリ、
▽秋田県北秋田市鷹巣で154ミリと、
いずれも観測史上最も多くなっていて、8月の平年1か月の雨量に匹敵するところもあります。

青森県と岩手県、秋田県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

崖崩れなどの土砂災害や浸水の被害も起きています。崖や川の近くからは離れ、安全を確保するようにしてください。

前線南下 山形や新潟でも大雨

前線の南下に伴い、東北の太平洋側や南部をはじめ、新潟県にも発達した雨雲が流れ込み、大雨になっています。

レーダーによる解析で
▽午前11時50分までの1時間に、新潟県村上市朝日南東部付近でおよそ100ミリ
▽正午までの1時間に山形県小国町北部付近でおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう、呼びかけています

山形県と新潟県には「土砂災害警戒情報」も出されている地域があります。

今後の見通し

今後の見通しです。

東北や新潟県などではこのあとも雨が続く見込みです。

4日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県を含む北陸で130ミリ、
▽東北で100ミリと予想されています。

さらに5日朝までの24時間にはいずれも50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

すでに大雨になっている青森県や秋田県以外の東北の各地や新潟県を含む北陸などでも雨の降り方に注意し、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒してください。