危険な暑さ警戒 埼玉 熊谷など39度予想 青森では猛烈な雨

3日も西日本から東日本の広い範囲で晴れて猛暑日となり、関東甲信や東海では最高気温が38度以上と危険な暑さが予想され、熱中症に厳重な警戒が必要です。
一方、東日本や北日本では大気の状態が非常に不安定となっていて青森県などでは土砂災害の危険性が非常に高まっているところがあります。気象庁などは早めの避難を呼びかけています。

危険な暑さ続く 熱中症警戒

気象庁によりますと、2日は埼玉県越谷市と甲府市で気温が39.5度に達するなど、関東甲信や東海を中心に危険な暑さとなりました。

3日も西日本と東日本を中心に猛烈な暑さとなる見込みで、日中の最高気温は、
▽埼玉県熊谷市と甲府市、岐阜市で39度、
▽前橋市、さいたま市、静岡市、名古屋市、津市で38度などと、
命に関わる危険な暑さが予想されているほか、関東甲信から九州にかけて広い範囲で猛烈な暑さが続く見込みです。

関東甲信から沖縄・奄美にかけての都府県には「熱中症警戒アラート」が発表されていて、引き続き熱中症に厳重に警戒してください。

日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、我慢せず冷房を適切に使用する、こまめに水分を補給する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、対策を徹底するようにしてください。

東北と北陸で大雨のおそれ 関東甲信は大気不安定に

一方、低気圧をともなった前線が4日にかけて東北地方を南下する影響で、北日本や東日本では大気の状態が非常に不安定になっています。

青森県内では、深浦町で午前7時20分までの1時間に85.5ミリの猛烈な雨を観測したほか、2日夜からの雨量が100ミリを超えるなど大雨になっているところがあります。

青森県と岩手県、秋田県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

青森県内の各地には避難指示も出されていて、気象庁などは自治体からの避難に関する情報に注意し、早めに避難するよう呼びかけています。

また、4日朝までの24時間に降る雨の量は、多いところで東北で180ミリ、新潟県で150ミリと予想されています。

また、5日朝までの24時間には新潟県や北陸の多いところで50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、「ひょう」にも十分注意が必要です。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。