あすも猛烈な暑さか 熱中症に厳重警戒 東北と北陸で大雨おそれ

2日も各地で猛暑日となり、特に関東甲信や東海などでは38度を超える危険な暑さになりました。
各地で熱帯夜となるほか、3日も日中は猛烈な暑さが予想されていて、熱中症に厳重な警戒を続けてください。
一方、東北と北陸では4日にかけて大気の状態が非常に不安定となって大雨となるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

危険な暑さ続く 熱中症警戒

気象庁によりますと、2日も西日本と東日本を中心に晴れて強い日ざしが照りつけ、日中の最高気温は
▽埼玉県越谷市と甲府市で39.5度
▽静岡県川根本町で39度ちょうど
▽埼玉県熊谷市と鳩山町、東京・青梅市で38.9度
▽栃木県佐野市と岐阜県多治見市で38.8度
▽長野県飯田市南信濃で38.1度
▽鳥取市青谷で38度ちょうどなどと
関東甲信や東海を中心に38度を超える危険な暑さとなりました。
また
▽京都市で37.7度
▽名古屋市で37.5度
▽福島県伊達市で37.4度
▽福岡市で36.9度
▽東京の都心で35.9度などと
全国224の観測地点で猛暑日となりました。

西日本と東日本を中心に夜になっても、しばらくは気温が30度以上のところがあるほか、3日朝にかけても気温が25度を下回らない熱帯夜となる見込みです。

3日も西日本と東日本を中心に猛烈な暑さが予想され
最高気温は
▽埼玉県熊谷市と甲府市で39度
▽名古屋市や前橋市で38度
▽静岡市や高松市で37度
▽東京の都心や京都市福岡市で36度などと
ところによって命に関わる危険な暑さが予想されています。
関東甲信から沖縄・奄美にかけての都府県には「熱中症警戒アラート」が発表されていて、油断することなく、引き続き熱中症に厳重に警戒してください。

日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、夜も我慢せず冷房を適切に使用する、寝る際は枕元に「常温」の水を置いてこまめに水分を補給する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、対策を徹底するようにしてください。

東北と北陸で大雨のおそれ 関東甲信は大気不安定に

一方、東北にのびる前線が3日以降、ゆっくりと南下し、3日の夜にかけて低気圧が通過する見込みです。

東北と新潟県では4日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴って激しい雨が降り、ところによっては非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

3日夕方までの24時間に降る雨の量は、多いところで
▽東北で150ミリ
▽新潟県で120ミリと予想され
その後、4日夕方までの24時間には
▽新潟県で100ミリから150ミリ
▽東北と北陸で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

また、関東甲信では日中の気温の上昇と湿った空気の影響で2日夜遅くにかけてと3日の午後を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みで、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風「ひょう」に十分注意が必要です。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。