2026年サッカーW杯 アジア出場枠 4増で最大9に 出場32→48に増

アメリカ、カナダ、メキシコの3つの国が共催して2026年に行われるサッカーワールドカップのアジアの出場枠が、現在より4つ増えて最大で「9」になることが決まりました。出場チームが32から48に増えることに伴う変更だということです。

史上初めて3つの国の共催となる2026年のワールドカップは出場チームが現在の32から48に増やして行われます。

アジアサッカー連盟は1日、2026年のワールドカップの出場権をかけたアジア予選の方式を発表しました。

それによりますと本大会へのアジアへの出場枠は最大で「9」になるということでこれまでより4つ増えることになります。

予選の進め方もこれまでと変わり2次予選ではアジアサッカー連盟に加盟する世界ランキング上位の25チームと1次予選を勝ち抜いた11チームの合わせて36チームが参加します。

現在、世界24位の日本は2次予選から出場する見通しです。

この36チームは9つのグループに分かれて総当たりで対戦し、それぞれ上位の2チームが最終予選に進出します。

最終予選も総当たりで、18チームが3つのグループに分けられて上位2チームずつが本大会への出場権を獲得するということです。

また、最終予選でグループ3位と4位だったあわせて6チームでプレーオフを行って2つの枠を争うほか、大陸間プレーオフでも1チームが出場できる可能性があります。