共産 志位委員長「日本の政治を変える道 野党共闘しかない」

先の参議院選挙について、共産党の志位委員長は、改選前の6議席を下回る4議席の獲得にとどまったことについて「責任を深く痛感している」と述べたうえで「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と述べ、今後の国政選挙でも、野党間で候補者の一本化に向けた調整を進めるべきだという考えを示しました。

共産党は1日、党本部で、先の参議院選挙の総括を行う中央委員会総会を開きました。

この中で、志位委員長は改選前の6議席を下回る4議席の獲得にとどまったことについて「比例代表では大変残念な結果となり、責任を深く痛感している」と述べました。

そのうえで、野党共闘について「候補者を一本化した選挙区でも、野党が力を合わせて勝利を目指すという、本気の共闘とは程遠い実態に終わった。野党共闘は大きな困難に直面しているが、自公政治を終わらせ、日本の政治を変える道は共闘しかない」と述べ、今後の国政選挙でも、野党間で候補者の一本化に向けた調整を進めるべきだという考えを示しました。