山口 阿武町誤振り込み 24歳被告が保釈 “仕事をして返済”

山口県阿武町から誤って振り込まれた給付金の一部を別の口座に振り替えたとして起訴された24歳の被告が1日、勾留されていた警察署から保釈されました。

山口県阿武町の無職、田口翔被告(24)は、阿武町から振り込まれた国の臨時特別給付金4630万円の一部を、誤って入金されたと知りながら決済代行業者の口座に振り替えたとして逮捕・起訴されています。

被告の弁護士の請求を受けて山口地方裁判所が保釈を認め、被告は保釈金250万円を納めて、1日正午ごろ勾留されていた山口市の山口南警察署から保釈されました。

被告は黒いスーツを着て髪は肩まで伸びていて、報道陣のカメラの前で深く頭を下げたあと、弁護士とともに車に乗り込んで警察署をあとにしました。

被告は、弁護士を通じて「このたびは、私の行動で多くの方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をしてお金を少しずつ返済していこうと思います」というコメントを出しました。

この事件では、4630万円のうちすでに起訴された分以外の340万円余りについても電子計算機使用詐欺の疑いで書類送検されていて、振り込まれた全額分が立件されています。

被告「自分の行動に100%非が」「オンラインカジノやめる」

田口翔被告が保釈されたことを受けて、弁護を担当している山田大介弁護士が1日午後、山口市内で記者会見を開きました。

この中で、弁護士は「被告はたくさんのカメラに囲まれて驚いていたが、これほどの事態になったと重く受け止めていて、『自分の行動に100%非がある』と反省していた」と述べました。

そのうえで「誤って振り込まれたお金の使いみちについてはオンラインカジノ以外に使った形跡はなく、被告は『オンラインカジノはやめる』と話している」と説明しました。

さらに、被害の弁済のために供託した340万円余りについては、被告がユーチューバーの男性から借り入れていて、被告はこの男性が関係する会社で働いて返済していくということです。

一方、町が訴えを起こした民事裁判については、町側の弁護士費用の支払いなどの面で争う姿勢を示しました。