首相 新設スタートアップ担当相に山際経済再生相 兼務人事発令

岸田総理大臣は、経済成長や社会的な課題の解決に向けて省庁一体でスタートアップ企業への支援を強化するため「スタートアップ担当大臣」のポストを新たに設け、山際経済再生担当大臣に兼務させる人事を発令しました。

これは、木原官房副長官が1日の記者会見で明らかにしました。

岸田総理大臣は、革新的なビジネスを生み出すスタートアップ企業への投資額を、5年で10倍に増やす計画を年末に策定する方針を示しています。

これを踏まえ、省庁一体でこうした企業への支援を強化するため、岸田総理大臣は「スタートアップ担当大臣」のポストを新たに設け、山際経済再生担当大臣に兼務させる人事を発令しました。

これに関連して、政府は先進的な技術を研究するため、海外の大学と連携してスタートアップ企業を支援する推進室などを、内閣官房に新たに設置しました。

木原官房副長官は「山際大臣には、スタートアップ政策の司令塔として関係大臣と協力し、持続可能な経済成長と社会課題解決の両立を図るべく、事務の調整を担当してもらう」と述べました。