各地猛暑日に 熱帯夜予想で熱中症に警戒 大雨にも警戒を

1日は各地で猛暑日となり、特に日本海側では39度を超える危険な暑さとなりました。
2日の朝にかけても気温が下がらない熱帯夜が予想されていて、熱中症に警戒を続けてください。
一方、関東甲信や北日本を中心に大気の状態が不安定になっていて、2日にかけて激しい雷雨となるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

危険な暑さに 熱中症に警戒

気象庁によりますと、西日本と東日本を中心に晴れて強い日ざしが照りつけたほか、山越えの風が吹き降ろす際に乾燥して気温が上昇する「フェーン現象」も重なり、日本海側や内陸を中心に気温が上がりました。
午後4時までの最高気温は
▽福井県小浜市で39.1度、
▽鳥取県米子市で38.9度と、
いずれも観測史上最も高くなったほか、
▽埼玉県熊谷市で38.4度、
▽新潟市秋葉区や兵庫県豊岡市で38度ちょうどなどと、
危険な暑さとなりました。

また、
▽京都市で37.2度、
▽高松市で36.7度、
▽福岡市で36.4度、
▽名古屋市で36.2度、
▽東京の都心で35.9度、
▽大阪市で35度ちょうどなどと、
全国の219の観測点で猛暑日となりました。

西日本と東日本を中心に2日朝にかけても気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されているほか、2日の日中は高気圧の勢力が強まり、1日よりもさらに気温が上がる見込みです。

日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、我慢せず冷房を適切に使用する、夜、寝る際は枕元に「常温」の水を置いてこまめに水分を補給する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を続けてください。

北日本や関東甲信 大雨に警戒

一方、北日本では低気圧と前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるほか、関東甲信では気温の上昇の影響も重なり、大気の状態が非常に不安定になっています。

北海道と東北北部では、これから2日にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るほか、関東甲信では1日夜遅くにかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

関東甲信では7月31日も猛烈な雨が降り、地盤が緩んでいるところがあります。
日中、晴れていても天気が急に変わるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、「ひょう」に十分注意が必要です。

急に冷たい風が吹いたり、あたりが暗くなったりするなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。

専門家「熱中症は夜にも注意」

熱中症に詳しい日本医科大学付属病院の横堀將司高度救命救急センター長は、日中だけでなく夜間も熱中症に注意が必要だと指摘しています。

横堀センター長によりますと、夜になっても部屋の中は、日中の熱がこもったままになっている可能性があるということです。

このため、熱中症を予防するためには、熱を外に逃がすために対角線上にある窓を開けるなどして換気を徹底することや、寝る前に水分をしっかりとること、目が覚めた時にいつでも水分を補給できるよう、枕元に水を用意しておくこと、それに夜間も我慢せずにエアコンを使うことなどが重要だということです。

エアコンが苦手な人は設定温度をあまり下げなくても、扇風機と併用することで体に熱がこもるのを防げるほか、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いたり、氷枕を使って首筋を冷やしたりすることも効果的だということです。

めまいや立ちくらみ、筋肉がつるなどの症状は、軽度の熱中症のおそれがあります。

こうした症状がある場合は、エアコンで室内の温度を下げ、首のまわりやわきの下、足の付け根などに冷たいタオルをあてて冷やすなどの対応が有効だということです。

ただ、意識がないなど重篤な症状の場合には迷わず救急車を呼んでほしいということです。

横堀センター長は「熱中症は日中だけでなく夜にも注意が必要だ。特に子どもや高齢者は気がつかないうちに熱中症の症状が悪化していることがある。周囲の人も含めて注意してほしい」と呼びかけています。