三笠宮彬子さま 新型コロナの感染確認 京都市内の病院に入院

三笠宮彬子さまは、新型コロナウイルスの感染が確認されたため、31日、京都市内の病院に入院されました。

宮内庁によりますと、彬子さまは30日夜、38度台の熱と頭痛などの症状を訴え、31日、PCR検査を受けられた結果、感染が確認されました。

肺炎の症状はないものの、31日も38度台前半の熱と節々の痛みがあり、平成29年にぜんそくの発作で入院したこともあることから、医師の判断で京都市の京都府立医科大学附属病院に入院されたということです。

皇室では、これまでに彬子さまの妹の瑤子さま、祖母の三笠宮妃の百合子さま、それに高円宮家の長女の承子さまが感染し、いずれも療養を終えられています。