台風6号発生 沖縄本島や鹿児島 奄美などで風雨が強まる見込み

31日正午、沖縄本島のすぐ北の海上で台風6号が発生しました。
台風はすでに沖縄本島に接近していて、気象庁は、大雨や強風、高波などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、31日正午、那覇市の北40キロの海上で熱帯低気圧が台風6号に変わりました。

中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側440キロ以内と北西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は沖縄本島に接近していて、1時間に30キロの速さで北へ進んでいます。

沖縄本島地方や鹿児島県の奄美地方を中心に断続的に雨や風が強まるほか、海上はしけが続く見込みです。

気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水、強風、それに高波などに十分注意するよう呼びかけています。

台風はこのあと沖縄・奄美から九州の西の海上を北上し、8月1日の昼にも熱帯低気圧に変わる見込みです。

念のため、今後の台風の情報に注意してください。