夏の全国高校野球 49の代表校出そろう 初出場は4校

8月6日に甲子園球場で開幕する夏の全国高校野球に出場する49の代表校が出そろい、初出場は4校、春夏連続出場は13校となりました。

夏の全国高校野球は7月31日、地方大会のうち最後まで残っていた西東京大会の決勝が行われ、49の代表校が出そろいました。

このうち初出場は、南北海道の札幌大谷高校、茨城の明秀日立高校、兵庫の社高校、愛媛の帝京第五高校の4校で、去年より1校少なくなりました。

いずれもセンバツ大会に出場したことがあります。

春夏連続での出場は、福島の聖光学院、明秀日立高校、東東京の二松学舎大付属高校、山梨学院、静岡の日大三島高校、石川の星稜高校、福井の敦賀気比高校、滋賀の近江高校、大阪桐蔭高校、奈良の天理高校、徳島の鳴門高校、福岡の九州国際大付属高校、佐賀の有田工業の13校です。

今大会での最多出場は県立岐阜商業の30回で、最も久しぶりの出場なるのは、広島の盈進高校で48年ぶり3回目の出場です。

また、春夏の甲子園で優勝経験のあるチームも出場し、智弁和歌山高校は大会連覇、大阪桐蔭高校は春夏連続優勝を目指します。

夏の全国高校野球は8月3日に組み合わせ抽せんが行われ、6日に開幕します。

夏の全国高校野球 49代表校一覧

夏の全国高校野球の49の代表校です。

北海道・東北

▽北北海道の旭川大高校は3年ぶり10回目の出場です。
▽南北海道の札幌大谷高校は初出場です。

▽青森の八戸学院光星高校は3年ぶり11回目の出場です。
▽岩手の一関学院は12年ぶり7回目の出場です。
▽秋田の能代松陽高校は11年ぶり4回目、現在の校名になってからは初めての出場です。
▽山形の鶴岡東高校は3年ぶり7回目の出場です。
▽宮城の仙台育英高校は3年ぶり29回目の出場です。
▽福島の聖光学院は春夏連続出場で、夏は3年ぶり17回目です。

関東・東京

▽茨城の明秀日立高校は春夏連続出場で、夏は初出場です。
▽国学院栃木高校は37年ぶり2回目の出場です。
▽群馬の樹徳高校は30年ぶり3回目の出場です。
▽埼玉の聖望学園は13年ぶり4回目の出場です。
▽千葉の市立船橋高校は15年ぶり6回目の出場です。
▽東東京の二松学舎大付属高校は春夏連続出場で、夏は2大会連続5回目です。
▽西東京の日大三高は4年ぶり18回目の出場です。
▽神奈川の横浜高校は2大会連続20回目の出場です。
▽山梨学院は春夏連続出場で、夏は3年ぶり10回目です。

東海・北信越

▽静岡の日大三島高校は春夏連続出場で、夏は33年ぶり2回目です。
▽愛知の愛工大名電高校は2大会連続14回目の出場です。
▽県立岐阜商業は2大会連続出場で、今回の代表校で最も多い30回目の出場です。
▽三重高校は2大会連続14回目の出場です。

▽新潟の日本文理高校は3大会連続12回目の出場です。
▽長野の佐久長聖高校は4年ぶり9回目の出場です。
▽富山の高岡商業は5大会連続22回目の出場です。
▽石川の星稜高校は春夏連続出場で、夏は3年ぶり21回目です。
▽福井の敦賀気比高校は春夏連続出場で、夏は4大会連続11回目です。

近畿

▽滋賀の近江高校はことしのセンバツの準優勝校で、夏は4大会連続16回目の出場です。
▽京都国際高校は2大会連続2回目の出場です。
ことしのセンバツは、チームで新型コロナウイルスの感染が広がり、直前に出場を辞退しました。
▽大阪桐蔭高校は2大会連続12回目の出場で春夏連覇を目指します。
▽兵庫の社高校は初出場です。
▽奈良の天理高校は春夏連続出場で、夏は5年ぶり29回目です。
▽智弁和歌山高校は5大会連続26回目の出場で大会連覇をねらいます。

中国・四国

▽岡山の創志学園は4年ぶり3回目の出場です。
▽広島の盈進高校は48年ぶり3回目で、今回の代表校で最も久しぶりの出場です。
▽鳥取商業は11年ぶり3回目の出場です。
▽島根の浜田高校は18年ぶり12回目の出場です。
▽山口の下関国際高校は4年ぶり3回目の出場です。

▽香川の高松商業は3大会連続22回目の出場です。
▽徳島の鳴門高校は春夏連続出場で、夏は3年ぶり14回目です。
▽愛媛の帝京第五高校は初出場です。
▽高知の明徳義塾高校は3大会連続22回目の出場です。

九州

▽福岡の九州国際大付属高校は春夏連続出場で、夏は6年ぶり8回目です。
▽佐賀の有田工業は春夏連続出場で、夏は9年ぶり2回目です。
▽長崎の海星高校は3年ぶり19回目の出場です。
▽熊本の九州学院は7年ぶり9回目の出場です。
▽大分の明豊高校は2大会連続8回目の出場です。
▽宮崎の富島高校は3年ぶり2回目の出場です。
▽鹿児島実業は4年ぶり20回目の出場です。
▽沖縄の興南高校は4年ぶり13回目の出場です。
※連続出場は、中止となったおととしの大会を挟んでの記録です。