萩生田経産相 「サハリン2」権益維持目指す方針 米側に伝える

日米の外務、経済閣僚が経済分野の議論を行う経済版「2プラス2」の初会合が29日、ワシントンで開かれ、萩生田経済産業大臣は、日本の大手商社が権益を持つロシア極東の天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」について、権益の維持を目指す方針をアメリカ側に伝えたことを明らかにしました。

経済版「2プラス2」の初会合では、中国やロシアの脅威を念頭にLNG=液化天然ガスの確保などエネルギー安全保障のほか、重要な先端技術やインフラの開発などで両国が協力していくことで一致しました。

会合のあと記者会見した萩生田経済産業大臣は、日本の大手商社が権益を持つ「サハリン2」について議論があったことを明らかにし、「撤退を求める声もあるが、撤退すれば第三国に権利を譲ることになって、ロシアはばく大な利益を得ることになる」と述べました。

そのうえで、「アメリカ側に現状維持したいと説明し、理解してもらったと思っている」と述べ、権益の維持を目指す方針を伝えたことを明らかにしました。

「サハリン2」をめぐっては、ロシアのプーチン大統領が事業主体を新たに設立するロシア企業に変更するよう命じる大統領令に署名したことを受けて、日本がこれまでどおり天然ガスを調達できるか不透明になっていて、今後はロシア側からどのような条件が示されるかが焦点となります。