通信障害に備え「ローミング」導入議論 本格化へ 総務省

今月はじめの大規模な通信障害について、KDDIは携帯電話などの利用者およそ3600万人に対し「おわび」として200円を返金すると発表しました。一方、総務省はこうした通信障害に備えて、ほかの会社のネットワークを利用できる「ローミング」の導入に向けて検討会を設置し、議論を本格化させる考えです。

KDDIは29日、高橋社長が会見し、今回の大規模な通信障害について改めて陳謝したうえで、携帯電話などの利用者3589万人に対し「おわび」として200円を返金すると発表しました。

子会社の沖縄セルラー電話の利用者66万人にも同じように返金します。

一方、総務省はこうした通信障害に備えて、ほかの会社のネットワークを利用できる「ローミング」の導入に向けて、携帯各社などが参加する検討会を設置し、課題の整理などを行うことにしています。

KDDIの高橋社長も29日の会見で実現を目指す考えを示したほか、NTTドコモやソフトバンクも議論に参加する意向で、ローミングの導入に向けて官民の議論が本格化しそうです。

また、総務省は今回の通信障害で利用者への情報発信に課題があったとして外部の有識者による会議で対応を検証するとしています。

会議では通信障害が起きた場合の情報提供や連絡体制の在り方を議論し、利用者に状況を適切に伝えられるよう、業界全体のルール策定を目指すことにしています。