都市対抗野球 ENEOS(横浜市)9年ぶり優勝 東京ガスに逆転勝ち

社会人野球の都市対抗野球の決勝が東京ドームで行われ、横浜市のENEOSが東京都の東京ガスに5対4で逆転勝ちし、9年ぶり12回目の優勝を果たしました。

ことしで93回目となる都市対抗野球の決勝は歴代最多を更新する12回目の優勝をねらうENEOSと大会連覇を目指す東京ガスの対戦となりました。

試合はENEOSが4点を追う6回に1アウト二塁三塁として5番の度会隆輝選手のスリーランホームラン、それに6番の丸山壮史選手と8番の小豆澤誠選手のソロホームランで一挙5点を奪って逆転しました。

投げては5回途中から登板した3人目の長島彰投手が強打の東京ガス打線を7回まで無失点に抑える好リリーフを見せ、ENEOSが5対4で東京ガスに勝ちました。

ENEOSは9年ぶり12回目の優勝です。

敗れた東京ガスは5回に2番の楠研次郎選手のスリーランホームランで一時は4対0とリードしましたが、投手陣が踏ん張れませんでした。

今大会4HR 度会隆輝「また優勝できるように頑張る」

今大会4本のホームランを打った高校卒業2年目の度会隆輝選手は、決勝でのスリーランホームランについて「思い切り打ってチームに流れを持っていきたかったので、打ててよかった。また優勝できるように頑張ります」と笑顔で話していました。

大久保秀昭監督「ミラクルを起こしてくれた」

ENEOSの大久保秀昭監督は、6回の3本のホームランについて「打線がつながっていけばなんとかなると思っていたが、度会がよく打ってくれたし、今大会苦しんでいた丸山も、小豆澤もよくやってくれた。本当にこんなことがあっていいのかと思ったし、選手たちがミラクルを起こしてくれた」と涙を流しながら話していました。