31日 各地で猛暑日予想 警戒を 九州南部や四国などでは大雨も

北日本から中国地方にかけて広く晴れて気温が上がり、各地で厳しい暑さとなりました。31日は埼玉県熊谷市で最高気温が38度と危険な暑さが予想されるなど広い範囲で熱中症への警戒が必要です。
また、台風5号や湿った空気の影響で九州南部と四国などでは31日にかけて大雨となるおそれがあり、引き続き土砂災害などに警戒してください。

各地気温上昇 午後は雨も

30日も北海道から中国地方にかけて高気圧に覆われて晴れ、気温が上がりました。

最高気温は
▽兵庫県豊岡市で37.2度、
▽鳥取市青谷で36.8度、
▽福井市越廼と京都府宮津市、佐賀県白石町で36.7度、
▽埼玉県鳩山町で36.5度、
▽東京・青梅市や大阪府枚方市、高松市、長崎県島原市で36度ちょうど、
▽山形市で35.2度など各地で猛暑日となったほか、
▽東京の都心で34.5度など
気象庁の観測点の7割余りで真夏日となりました。

気温の上昇で東北や関東甲信などでは大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達しています。

長野県上田市では午後4時半までの1時間に52.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

31日は危険な暑さ熱中症に警戒

31日も全国的に気温が上がり、特に東日本と近畿などでは30日より高くなるところもある見込みです。

31日の日中の最高気温は
▽埼玉県熊谷市で38度と危険な暑さが見込まれるほか、
▽福井市と前橋市、福島市、山形市で37度
▽京都市、金沢市、さいたま市、福島県郡山市で36度、
▽鳥取市や大阪市、東京の都心で35度などと
各地で猛暑日が予想されています。

東北や東日本、近畿などでは熱中症警戒アラートが発表されています。▽日中は外出をなるべく避ける、▽こまめに水分を補給する、▽我慢せず冷房を適切に使用する、▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど熱中症に警戒してください。

九州南部・四国、東日本と東北は大雨も警戒

一方、東シナ海にある台風5号や高気圧のふちを回る湿った空気の影響で九州南部や四国などでは大気の状態が不安定になって雨が続き、局地的に雨雲が発達しています。

台風は次第に遠ざかる見込みですが、このあとも湿った空気が流れ込むため、四国では30日夜遅くにかけて九州南部では31日の昼すぎにかけて雷を伴って激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るおそれがあります。
また、東日本と東北でも30日夜遅くにかけてと31日も気温が上がる午後を中心に、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

31日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州南部で200ミリ、
▽四国で120ミリ、
▽関東甲信で100ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

ハザードマップ今のうちに確認を

災害から身を守るには自分がいる場所のリスクを知っておくことが大切です。

自治体が発表する避難指示は土砂災害や氾濫の危険性がある地域を指定することが多く、あらかじめ把握しておくことで万が一の際にも慌てず対応できます。

2019年の台風19号(東日本台風)では大雨の特別警報や自治体の避難情報が発表されてからインターネットでハザードマップを調べる人が相次ぎました。

アクセスの集中でウェブサイトを閲覧できなくなった自治体もあり、台風が近づいたり雨が強まって状況が悪化したりする前に確認しておきましょう。

ハザードマップを見るポイントをまとめました。

●土砂災害警戒区域をチェック

まずは土砂災害の危険性について。

自分のいる場所が「土砂災害警戒区域」に指定されていないか確認してください。

警戒区域に指定されている場合、崖崩れや地すべり、土石流などが発生すると建物の中にいても危険が迫るおそれがあるため、その場を離れて安全な場所へ移動することが重要です。

避難先とルートを想定し、避難指示などが出たらすぐに行動できるようにしてください。

土砂災害がどのタイミングで起こるかを正確に予測することはできません。

避難指示がなくても雨の降り方に不安を感じる場合や暗くなると避難が難しくなりそうな場合は自主的な早めの移動が有効です。

雨や風が強く、移動するのが危険な場合は2階以上の斜面から離れた部屋で過ごすと安全な場合があります。

●氾濫で家屋流出のおそれも 浸水の深さをチェック

近年の台風や大雨では川の氾濫も相次いでいます。

浸水想定エリアに自宅がある人は「家屋倒壊等氾濫想定区域」に指定されていないか確認してください。

「家屋倒壊等氾濫想定区域」は川からあふれた大量の水で家が倒壊したり流出したりするおそれがあるエリアで、その場にとどまることは非常に危険です。

大雨の際などには安全な場所へ移動するようにしてください。

ハザードマップを利用する際には避難先までのルートに浸水のおそれがないかや崖や用水路など危険な場所がないかも確認しておくと安心です。

「家屋倒壊等氾濫想定区域」以外の浸水エリアでは想定される浸水の深さと自分のいる部屋の高さを比較してください。

例えば浸水の深さが3メートル未満の場合では、平屋なら水没して危険な状態となるおそれがありますが、2階以上ならその場にとどまって安全を確保できる場合があります。

ただし、浸水後に水がなかなか引かず孤立するおそれがあります。

あらかじめ食料や飲み水などの備蓄をしておきましょう。

避難所や高台に住む親戚や知人などの家に移動しておくと安心です。